もこん炉 燃やし方 | MOKONRO

2020/10/06 10:42

屋外用調理コンロ・小さな焚き火として


「もこん炉」そのものが燃料であり、コンロとなります。

たくさんの道具は必要ありません。「もこん炉」で食事も焚火も簡単にお楽しみいただけます。

燃焼時間の目安は「もこん炉・大」は約2.54時間。「もこん炉Cube」は約1.5時間~3時間です。

風向きや風の強さで燃焼時間は変わります。



必要なもの

もこん炉

松ぼっくり(付属品)

点火道具(チャッカマンなどのガスライター・ガスバーナーなど)

お好きな食材

トング



あると便利な物


うちわ

ナイフ&カッティングボード

お皿&お箸




①必ず屋外で燃やしてください。 


河原や海岸、砂地や石の上を選び 自治体のルールに沿って 焚き火台等をご使用ください。

・オプションに「もこん炉オリジナル焚火スタンド」を用意しております。




②付属の松ぼっくりが天然の着火剤です。


松ぼっくりを クローバーの穴に入れ、火をつけます。 

火が付きにくい場合は 上部の穴から焚き木を挿すと火が拡がりやすくなります。

また、市販の着火剤等もご利用ください。




③炎が安定したら 上部にスキレットや小鍋を置き 食材を焼きます。









お好みの食材を焼いてください。




もこん炉が崩れる前にスキレットなどを取り除き、横に倒します。やけどにご注意ください。

動画をご覧ください。






マシュマロを炙るのも焚き火の楽しみのひとつ。




④最後は焚き火でゆっくりと「もこん炉」が燃えゆく姿をお楽しみください。



火が小さくなった時の、線香花火のような揺らめきの美しさ。(写真では撮りきれません)


最後の最後、火が消える瞬間までゆっくりとした時間を味わってください。



必ず屋外で燃やしてください。また、完全に燃えつきるまでその場から離れないでください。

最後は念のため、もこん炉を燃やした場所には水をかけておきましょう。



もこん炉の燃やし方を約45秒でご覧いただけます。





ご購入はこちらから